wimaxは口座振替できる?


wimaxの支払い方法は基本的にクレジットカードでの支払いになりますが、口座振替で支払いたいという人もいるかもしれません。銀行の通帳で毎月の一括で支払い管理をしたい人や、クレジットカードを持っていない人など理由は様々ですが、wimaxで口座振替は可能です。


ただ、2018年5月現在、wimaxで口座振替をしているプロバイダは3社しかありません。26社あるプロバイダの中で3社だけなので、wimaxを口座振替で利用したい場合はプロバイダの選択の幅がかなり狭くなります。


高額キャッシュバックや、他社よりも安い月額料金でプロバイダを決めようとしていても、3択になってしまうのですね。プロバイダの選択の幅が狭まることもデメリットですが、他にも注意点があります。


wimax は口座振替できるの?


wimaxを口座振替で契約する時の注意


wimaxで口座振替をする場合、注意する点がいくつかあります。1つは上で挙げたプロバイダがほとんど選べないことです。残りの注意点は以下の通りです。


【手数料がかかる】

口座振替の場合は、200円の手数料がかかってしまいます。微妙な金額ですが、クレジットカードの場合は手数料がかかりません


【契約完了まで時間がかかる】


通常はインターネット上で申し込み、wimaxルーターが発送されると3日ほどで到着するので、1週間もあれば利用できるようになりますが、口座振替の場合は書類を郵送するなどの関係で、利用できるまで2週間ほど、口座から振替されるまでに1~2ヶ月ほどかかってしまいます。

口座振替の手続きが完了するまでは、契約したプロバイダから振込用紙が送られてきます。コンビニでも支払いが可能です。


【クレジットカード利用者のみの特典】


プロバイダによっては、クレジットカードで支払う人のみを対象にしたキャッシュバックや料金割引キャンペーンをしているところもあります。口座振替が可能なプロバイダで、キャンペーンをしているから申し込んでみたら、クレジットカードで支払う人限定だった…ということにならないように確認しておきましょう。


口座振替できるプロバイダ


2018年5月現在、口座振替が可能なプロバイダは以下の3社です。


UQ WiMAX 

BIGLOBE WiMAX

Broad wimax


wimaxはプロバイダが変わっても回線は同じなので、通信速度・通信品質・通信量に違いはありません。


通信速度・通信品質は、ルーター(通信端末)の性能によって変わりますし、通信量はプランによって変わるので、プロバイダを選ぶ時は月額料金の安さやキャッシュバックの金額で選んでも問題ありません。


「wimaxを口座振替で契約する時の注意」でお話した手数料ですが、「UQ wimax」だけは手数料が必要ありません。ただ、他のプロバイダと比べると月額料金が高めでキャッシュバックも無いので、あまりおすすめはできません。


「Broad wimax」は一見、月額が安そうに見えますが、安いのは最初の3ヶ月のみで4ヶ月目からは税込みで5,000円を超えてしまいます。


今、一番お得に使えるのは「BIGLOBE WiMAX」で、数万円のキャッシュバックありで4ヶ月目以降の月額料金も4,000円ほどで済みます。キャッシュバック分を差し引いた月額平均金額だと、口座振替手数料込みでも3,000円台で済むのでかなりお得と言えます。


私が今、口座振替出来るプロバイダで選ぶなら「BIGLOBE WiMAX」にしますね。機能的に同じものなら、月額平均料金の安いところが一番だと思います。


26社、すべてのプロバイダを比較してみても、BIGLOBE WiMAXの月額平均料金の安さは上位3社の中に入ります。
月額料金はなるべくお得に!」と考えるならおすすめです。


wimaxで口座振替のまとめ


口座振替はクレジットカードでの支払いに比べると、デメリットが目立ってしまう感じですね。


できれば、すべてのプロバイダの中から一番お得なキャンペーンをしているところを選ぶのがベストですが、口座振替できるプロバイダでもかなりお得なところがありました。


選択肢は少ないですが、口座振替の場合でもガッチリお得にwimaxを楽しみましょう。