wimax通信速度は速い?遅い?


wimaxの通信速度、速いと言われていますが本当に速いの?と思う人もいるかもしれません。ここではwimaxの通信速度についてお話します。結論から言うと、wimaxの通信速度は他社のモバイルwi-fiに比べて速いです。動画のストリーミング再生やビデオ通話など、ストレスなく利用できます。


wimaxを扱うプロバイダのホームページなどを見ると「下り最大708Mbps!」というような謳い文句がありますが、これは”最高の環境であれば技術的に可能な通信速度”であって、実際に利用した時に出る数値ではありません。


では、プロバイダのホームページには出ない実際の速度はどのくらいなのでしょうか?
例として札幌市内で見てみると、札幌駅周辺・北24条駅周辺・北海道大学キャンパス周辺・大通駅周辺・苗穂駅周辺・西18丁目駅周辺・中島公園での実測値平均は約50Mbpsでした。


10Mbpsあれば、YouTubeの動画をストレス無く観れるので平均値が50Mbpsというのは充分ですね。実際、私も使っていてストレスを感じたことはありません。

wimax の気になる通信速度は?


wimaxの利用者で実際の速度を計測してホームページで掲載している人もいます。何人かのページをチェックして平均値を出してみると、東京駅周辺・品川駅周辺・渋谷駅周辺・新宿駅周辺が平均約115Mbps、大阪・神戸の中心部で平均約60Mbps、福岡市の中心部も約60Mbpsという数値が出ていました。


各都道府県の都市部なら、実測値レベルで充分快適なインターネット環境が期待できそうです。光などの固定回線に比べれば遅いかもしれませんが、他社のモバイルwi-fiの中では最速と言って良いでしょう。


プロバイダごとの速度の違いはあるの?


wimaxは他社のモバイルwi-fiと違って、プロバイダが1つではありません。ドコモならドコモが、ワイモバイルならSoftBankがプロバイダになりますが、wimaxの場合は、UQ wimax以外にも26社のプロバイダがあります。


通常、プロバイダとはインターネットへの接続サービスをする事業者のことを指します。wimaxの場合はUQ wimaxがですが、他のプロバイダは接続サービスをするわけではなく、UQ wimaxの代理店のような役割をしています。


26社もプロバイダはありますが、回線の通信速度・通信量・通信エリアは全てUQ wimaxと同じなのですね。いろいろなキャンペーンをしているプロバイダがありますが、選ぶ時のポイントは契約期間中の月額平均料金と、ルーター(通信端末)の機種・機能です。


通信量や速さ、エリアが同じなら安いところが良いですよね。通信速度はルーターによっても変わってくるので、選ぶなら下り最大の速さ(Mbps)が現時点で一番早い機種のものをおすすめします。


wimaxの通信速度まとめ


wimaxは他のモバイルwi-fiに比べて通信速度は速く、実測値でも快適なインターネットをするのに充分な速度を得られます。


wimaxはプロバイダが多いので、どこを選べば一番快適でお得なのか迷ってしまいますが、どこを選んでも通信速度・通信量・通信エリアは同じなので、まずは高額キャッシュバック月額料金の安いキャンペーンをしているプロバイダで絞り込んでみましょう。


その後、自分が契約する期間内で総額いくら支払うのか?キャッシュバック分を差し引いた本当の月額料金はいくらになるのか?を調べて、1番コスパの良いプロバイダで申し込むという方法が良いでしょう。


私もこの方法でプロバイダを選んで、月額料金が以前のネット環境の半額近くになったのでおすすめですよ♪


1番お得なプロバイダでお得にwimaxを使ってみるならこちら↓↓

wimaxの月額料金を比較!