wimaxのプロバイダを比べる前に…


wimaxのプロバイダを良い条件で探したいけど、正直どう選んで良いのか分からない…」とネットで検索していたらここに辿り着いたという方もいるかもしれませんね。ここでは、2018年現在26社もあるwimaxのプロバイダの中から、どこを選べば1番コスパが良いのかを解説して行きたいと思います。


その前に。
UQコミュニケーションズが持つwimax回線を利用できるように、サービス提供しているところを「プロバイダ」といいます。


この「プロバイダ」は、UQコミュニケーションズも自社で「UQ wimax」と言うプロバイダを持っているので、モバイル回線業者でありながら、プロバイダもやっているということになります。


これ以外のプロバイダ(So-netwimax・GMOとくとくBB・Broadwimaxなど)も、wimax回線を使ってサービスを提供しているのでプロバイダと呼ばれますが、回線を借りて独自の料金プランや特典キャンペーンなどを行っているので「代理店」というイメージのほうが近いかもしれません。


wimaxでよく聞く「月額大幅割引!」や「高額キャッシュバック」などは、代理店の方のプロバイダしか行っていません。UQ wimaxは正規料金の上に特典キャンペーンも無いので、申し込むなら代理店系のプロバイダから選ぶのがお得です。


※追記)

2018年4月からUQ wimaxもキャッシュバックキャンペーンが始まりました。

契約後翌々月に手続きをすると10,000円のキャッシュバックを受け取れます。

ただ、通信端末が最新のものを選べないことや、もともとの月額料金が他のプロバイダと比べ高額なので10,000円のキャッシュバックを受け取っても、総支払額は他のプロバイダよりも高くなってしまいます。

最新機種を無料で使えて、総支払額もUQ wimaxより安い他プロバイダの方がおすすめだと思われます。



プロバイダを支払総額で比較


wimaxの月額料金を比較


wimaxのプロバイダが利用者獲得のために行っている様々なキャンペーンは、「月額料金の割引」と「高額なキャッシュバック」です。


UQ wimaxの月額料金は、2年プラン・3年プラン共に月額 4,380円(2018年10月現在)となっています。上で書いたようにUQ wimaxは正規料金でサービスを提供しているので、月額料金の割引やキャッシュバックなどはありません。


その他のブロバイダは、980円~3,695円までの割引き月額料金を掲げていますが、提示されている最安料金は最初の1~3ヶ月までで、それ以降は値上がりしていきます。3ヶ月目以降は、ほとんどのプロバイダの請求額が月額4,000円近くになるので、初月の月額料金で決めてしまわないように気を付けましょう。


高額のキャシュバックも、契約してすぐに受け取れるわけではなくて、申込んだ時に作られるプロバイダのメールアドレス宛に、11ヶ月後にキャッシュバック申請用メールが届くというところが多いです。


プロバイダのメールボックスには、広告メールなど重要ではないメールもが頻繁に届くので、見落としてしまったり気付かずに削除してしまう場合があったりで、実際受け取れる人は申し込んだ中の3~4割と言われています。


キャンペーン内容に惑わされないように、どこが1番お得かを選ぶためには支払総額で比較してみるのが良いです。


支払総額は、自分が希望する契約期間(2年または3年)の総支払額を算出して、キャッシュバックの金額を引きます。同じ期間、同じwimaxの電波を利用するので、総支払額が1番安いプロバイダがお得という訳ですね。


プロバイダ26社の中から月額割引・高額キャッシュバックなどのキャンペーンを行っているところを探すと8社まで絞り込めました。
この8社の総支払額を比較してみましょう。


2年ギガ放題プラン

キャシュバック 2年総支払額 初期費用など 2年ギガ放題プラン
So-net wimax 無し 無し      2年プランはありません。 無し
GMOとくとくBB 32,400円 68,604円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:日割り料金
1~ 2ヶ月目:3,609円
3~24ヶ月:4,263円
Broad WiMAX 無し 無し 2年プランはありません。 無し
カシモ WiMAX 無し 77,120円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:1,380円
3~24ヶ月目:3,380円
(25ヶ月目以降 4,079円)
BIGLOBE WiMAX 15,000円(6カ月目に受取可) 88,750円 申込手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):
月額料金値引きで実質無料
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:3,695円
3~24ヶ月目:4,380円
DTI WiMAX 無し 105,100円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料<
1~3ヶ月目:3,500円
4~25ヶ月目以降:4,300円
(26ヶ月目以降 4,300円)
@nifty WiMAX 20,000円(条件付き) 84,690円 登録手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):1円~(wx03,w04,L01)
wimaxのみ利用:@nifty基本料金250円/月
利用開始月:0円
2~3ヶ月目:3,670円
4~24ヶ月目:4,350円
novas WiMAX 無し 93,120円 登録手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:2,780円
3~24ヶ月目:3,980円



3年ギガ放題プラン

キャシュバック 3年総支払額 初期費用など 3年ギガ放題プラン
So-net wimax 無し    121,680円 初期費用 3,000円
通信端末(ルーター):無料
利用開始月0円1~36ヶ月目:3,380円
GMOとくとくBB 42,100円 113,669円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:日割り料金
1~ 2ヶ月目:3,609円
3~36ヶ月:4,263円
Broad WiMAX 無し 121,291円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:日割り料金
2~3ヶ月目:2,726円(※1)
4~36ヶ月目:3,411円
カシモ WiMAX 無し 無し 3年プランはありません。 無し
BIGLOBE WiMAX 15,000円(6カ月目に受取可) 133,920円 申込手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):
月額料金値引きで実質無料
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:3,695円
3~36ヶ月目:4,380円
DTI WiMAX 無し 131,850円 事務手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
1~3ヶ月目:2,590円
4~36ヶ月目以降:3,760円
@nifty WiMAX 30,000円 125,240円 登録手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):有料
wimaxのみ利用:@nifty基本料金250円/月
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:3,420円
3~36ヶ月目:4,100円
novas WiMAX 無し 140,880円 登録手数料 3,000円(税抜)
通信端末(ルーター):無料
利用開始月:0円
1~2ヶ月目:2,780円
3~36ヶ月目:3,980円



※1 通信端末到着月内に、安心サポートプラスとMy Broadサポートを解約した場合の月額料金。

注)2年プランは、ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション利用料)利用した月のみ1,005円/月


これを見ると、2年間契約でwimaxを使うなら総支払額が68,604円の「GMOとくとくBB」が、1番コスパが良いですね。


3年間契約の場合も、総支払額が113,669円の「GMOとくとくBB」がお得に利用できそうです。


一見、キャッシュバックの金額や月額料金の安さで決めてしまいがちですが、こうやって見てみると「お得な特典=コスパが良い」とは限らないことが分かると思います。


wimax比較のまとめ


wimaxのプロバイダは、いろいろな企業が参入しては消えていくので、申し込もうと思っていたらキャンペーンが無くなっていたということも珍しくありません。


大幅な月額割引や高額キャッシュバックが長期間できるのは余裕のある企業だけなので、プロバイダ数は多くても限られてきます。


そういったプロバイダの中から更にお得に利用できるところを見付けられれば、他のwimaxユーザーよりもコスパ良く利用することが可能なのですね。


注意点は「キャッシュバックをしっかり受け取ること」です。メールの見落としや申し込み手続きなど、面倒なことが多いですがしっかりと受け取ってください。


ちなみに、私が申し込んだ時に1番コスパが良かったプロバイダは「GMOとくとくBB」でした。3年間利用するなら今でも1番コスパ良く使えそうですね。


月額金額もキャッシュバック金額も毎月のように変わっているので、1番良いタイミングで1番良いプロバイダを捕まえてみましょう。


GMOとくとくBB」の詳細はこちらから↓