ガラケーとwimaxのコンビネーション


今では懐かしい言葉になってしまった「ガラケー」ですが、仕事やプライベートでガンガン通話を利用するユーザーにとってはまだまだ強い見方です。
今更ではありますが、ちょっとガラケーについておさらいしてみましょう。


ガラケーとは?


言葉は聞いたことあるけど何でガラケーって言うの?という若い方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。


ガラケーとは「ガラパゴス携帯」の略語で【ガラパゴス】は、太平洋にあるエクアドル共和国の島々、ガラパゴス諸島からきています。ガラパゴス諸島は外からの干渉が少なかった為、その島独自の進化を遂げた生き物が多く見られる島なのです。


世界遺産に登録されているその島になぞらえて、1つの市場の中で独自の進化を遂げた製品などについて使われ始めた言葉が「ガラパゴス化」「ガラパゴス現象」と言われるようになりました。


携帯電話は世界中で様々な企業が開発していましたが、日本では他の国にはない独自の機能が盛り込まれていました。ワンセグのTV・電子マネー・絵文字・着メロなど、当時の世界標準とはかなりかけ離れた形で進化していました。


その後、日本でもスマ-トフォンが広く利用されるようになってくると、今までの携帯電話とスマートフォンが区別されるようになってきて、「携帯」では携帯電話かスマートフォンなのか分かりづらいため、スマートフォンはスマホ・携帯電話は、ガラパゴス諸島の生き物のような進化をしている携帯=ガラパゴス携帯=ガラケーと呼ばれるようになったのです。


スマートフォンも日本製のスマホを『ガラスマ』(ガラパゴススマートフォン)その他のものを『グロスマ』(グローバルスマートフォン)と呼んでいた時もありましたが、現在では海外製の製品でも絵文字や電子マネー機能が搭載されているものも多くなってきたので、「ガラパゴス」ではなくなってきたようです。


ガラケーとwimax


wimaxと相性の良いのは、料金を安く抑えられる格安スマホなのですが、営業職などで毎月ガンガン通話をするという場合はガラケーがおすすめです。


ドコモ・au・SoftBankから新規でガラケーを購入して利用するという方法もありますが、おすすめは中古で程度の良いガラケーを購入して「カケホーダイプラン」で契約することです。


ドコモやauなら24時間国内通話が無料の「カケホーダイプラン」が2,200円からあります。ドコモの場合はパケットパックと呼ばれるデータ通信プランもつくので5,000円を超えてしまいますが、パケットパックのみを解約すれば2,500円ほどで運用できます。


au:カケホーダイ 『https://www.au.com/mobile/


ドコモ:カケホーダイ 『https://www.nttdocomo.co.jp/charge/plan/kakeho_f/


ガラケーでは通話のみで、インターネットは「タブレットPC+wimax」という使い方がベストですね。


中古のガラケーは5,000円ほどで購入できるので、初期費用もスマートフォンに比べるとかなり安く済みます。キャリアの回線なので安心感&信頼性もありますし、24時間使い放題というのは、毎月たくさん通話をする方には魅力的なのではないでしょうか?


プロバイダ選びが面倒なwimaxですが、お得なプロバイダを探せるように比較してみたので、気になる方はこちらを参考にしてください↓↓