単身赴任でインターネット、いる?いらない?


単身赴任中のネット環境はかなり重要だと実感しています。こちらに来る前はスマホのテザリングでノートPCを使っていたので、これでいいかと特に何もせずにそのままノートPCを持って来ていました。


赴任先での業務が始まってしばらくは、緊張と忙しさでアパートに帰っても寝るだけの生活でしたが、落ち着いてくると帰ってから1人の時間が長く感じるんですよね…。


こういう時に、外に遊びに行ける余裕があったり、新しい職場でもすぐ打ち解けられるようなコミュ力があれば良いのですが、私はそういうタイプではないので自然にインドア派になってしまいます。


そうなると、便利なのがインターネットなんですよね。


単身赴任中のインターネット


家財道具で足りないものを頼んだり、YouTubeで動画を観たりビデオ通話で娘や妻と話したりと、仕事から帰っても時間に余裕があるとついパソコンを立ち上げてしまいます。お陰で毎月のように、ギガの追加チャージをするようになってしまいました(汗)


私の場合、家族と離れたことで軽いホームシックのような状態になっていたんですよね。たまには帰るんですが、赴任先に戻る時は、後ろ髪が抜けるくらい引かれます。娘に泣かれるのは辛いものがありますね。


毎日ため息しか出ないときもありましたが、ネットで家族とビデオ通話をするようになって気持ちもかなり楽になりました。
顔を見て話せるというのは、電話で話すだけとは違って良いものです。


ちょっと大袈裟かもしれませんが、単身赴任中のインターネットは、便利以上の価値があると思います。
同じように単身赴任中の人で暇を持て余しているという人や、これから単身赴任をするという人は、ぜひ快適なネット環境を整えてみてください。


単身赴任中のインターネット回線の選び方


単身赴任先でのネット環境は、使っていてもストレスの感じないものが良いです。以前の私のように、ネットで色々したいことはあるけど、毎月追加のチャージをしてしまうと月額料金が嵩んでしまいます。


固定回線を引くのも良いですが、仕事でもパソコンを使うため外出先でもネットを使いたいですし、赴任中の3年だけのために工事費用を払って開設するのも損な気がします。


そこで選んだのがモバイルwi-fiです。


その中でも、wimaxは通信速度制限はあるものの、月間通信使用量は無制限なので「今月もまた追加チャージか…」というようなことも無いですし、ギガのやりくりに悩む必要もありません。


通信速度制限も3日で10GBと緩いものですし、規制にかかった場合でも、【規制にかかった日】→翌日18時~翌々日深夜2時まで速度規制に耐えれば、その次の日からは解除され、また3日で10GBのルールで利用できるんです。


通信量が10GBや20GBと制限されていた時は、規制にかかると追加のチャージをするか月末(または支払い請求日)までずっと速度制限がかかっていたので、かなり緩い規制と言えます。


実際にwimaxを使ってみると、以前よりもネットを活用するようになりました。規制を気にせずギガの追加もいらなくなったので、暇さえあればインターネットで色々としています。


更に嬉しいのが、月額料金が以前の半分近くに抑えられたということです。スマホ+ノートPCから、格安Simの音声プラン+wimaxに変えたのですが、両方合わせても以前の半額近い金額だったので、かなりお得感がありました。


3年間という赴任期間中ならこれで十分です。


コスパ良くwimaxを利用したい方は必見!↓↓

wimaxの月額料金を比較!

単身赴任中のインターネットまとめ


単身赴任中は、1人の時間が辛く感じるときもありますが、そんな時には映画で気晴らしをしたり家族と顔を見て話したりすると、気持ちもかなり軽くなります。


wimaxなら月額料金を抑えて、通信量を気にせずに快適なインターネットを楽しめるので、単身赴任中の人以外にもおすすめです。